« August 2004 | Main | November 2004 »

2004.09.03

川越敏孝さんの訃報(追記)

今朝(というか昨日の深夜)すぐ下の記事を書き、

だが、日本の新聞の訃報欄には出なかったようだ。 お名前が出てもよいはずの方である。 いや、日本そして中国のために川越さんがなしてこられた事績を思えば、出ないのがおかしい くらいだ。 故人のために誠に残念である。

と書いたところ、今朝の産経新聞に訃報が掲載されているのを発見した。
まったく、遅きに失した観なきにしもあらずだが、今日午前の八宝山革命公墓での告別式より
前になんとか掲載されたのはせめてもの慰めと言えよう。

それにしても、「中国在住の翻訳家」という肩書き説明の一行が、かなしい。

川越のおじさんが翻訳家としてたいへん大きなお仕事をされたことを重々承知のうえで敢えて
繰り返すが、おじさんは最晩年、翻訳家として歩むことになった自己の生涯に対して、必ずしも
満足されてはいなかったご様子であった。
これはしかし、人生に完全に満足する人間などめったいにいるものではないというような、もの
のわかったような一般論とは次元を異にする。
京都帝大を卒業、大蔵省主計局に入って壮年時代を歩み始めた川越さんが、翻訳の仕事を
するようになるに至るまでには、戦争という大きな、いかんともしがたい外力がはたらいたこと
に思いをいたさなければならない。
また、1970年、いわゆる「文化大革命」のさなか、中国を一時離れることになった時の複雑な、
それを挫折感などという普通名詞で表現することさえ憚られるような思いなど、執筆中の回想
録が、再訪中された75年までで止まったまま先を書き進めることができないのだというお話を
伺うにつけ、ぼくなどには想像も及ばぬような重いわだかまりがあったに違いないと思われた。

書き上げられることのなかった川越さんの回想録、恐らく公刊は難しいだろう。
だいいち、これで出版してよいと、ご自身が認めないのではないか。
そういう方だと思う。
それでもわたしは、「翻訳家」としてではない川越さんの姿を拝見したくて、それが出版される
日が来ることを期待せずにはいられないのだ。

【補記】
なお、産経新聞の訃報に「かわごえ・としたか」とふりがなが振られているが、誤りである。
正しくは「はるたか」さんとお読みする。
ようやく出た訃報であっただけに、残念としか言いようがない。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

川越敏孝さんの訃に接して

戦中から戦後の半世紀余りを中国で過ごし、『毛沢東選集』や『鄧小平文選』などの日本語版の
翻訳出版に携わってこられた中国中央編訳局の老専門家・川越敏孝(かわごえ・はるたか)氏
が亡くなられたとの報せが届いた。

川越さんに最後にお目にかかったのは今年の3月31日。わたしが北京日本学研究センターでの
任期を終えて帰国する日の朝であった。
わざわざご夫婦で見送りに来てくださり、「あなたたち一家が帰ってしまうと、寂しくなるなぁ」と
おっしゃっていた。
実はそのころすでに体調に異変は生じていて、ご自分でも「いつまでもつか」と笑いながらおっ
しゃってはいたのだが、まさかこんなに早くその日を迎えることになろうとは思っていなかった。

川越さんの訃報は、いま天津で仕事をしている岳父が人づてに聞いたと、昨夜、岳母からの電
話で知った。
亡くなられたのは先月(8月)26日。入院先の北京の病院で息を引き取られたらしい。
だが、日本の新聞の訃報欄には出なかったようだ。
お名前が出てもよいはずの方である。
いや、日本そして中国のために川越さんがなしてこられた事績を思えば、出ないのがおかしい
くらいだ。
故人のために誠に残念である。

ちなみに、今年5月10日、中日友好医院国際医療部主任の葉綺先生(本名は野崎綾子さん)
のご逝去に際しては、朝日新聞などがきちんと訃報を掲載していた。
(葉先生にも北京では家族ともどもたいへんお世話になりました)

一方、川越さんは、わたしたち一家と同じ友誼賓館に住むご近所として、また、もともと妻の伯
母夫婦の親しい友人ということで、何度もお宅にお誘いいただいては、阿姨さん(アーイーさん;
お手伝いさんの意)の作る自慢の水餃子をご馳走になった。
うちの三人娘もいつも大喜びで、ご夫妻に甘え、遊んでもらっていた。
食事をしながら、川越さんの歩んでこられた道のりについて--京都帝大卒業後、大蔵省奉職
中に赤紙を受け取り、中国戦線で敗戦を迎え、戦争捕虜として徴用されてからのその波瀾万丈
の後半生について、お話を伺うのは実に楽しみだった。
川越さんの方でも、中国研究に携わる年若い後輩への餞というようなおつもりだったのか、いろ
いろなお話を聞かせてくださった。
また、わたしの研究テーマについて尋ねられ、その研究状況など次々にご質問くださり(まるで
論文の口頭試問のようで、こちらは冷や汗たらたらであったが)、現代史関係あるいはマルクス
主義関係の文献を中心に豊富な蔵書をもつ書斎には(うちの娘たちが隠れん坊をしたりして申し
訳なかったが)、日本現代史の最も重要な収穫として先年話題になったジョン・ダワー『敗北を
抱きしめて』上下巻もなにげなく架蔵されているなど、その旺盛な知的探求心はいっこうに衰え
ていないご様子であった。

日本と中国の間で、翻訳という地道な分野でたいへんなお仕事をなさってきた川越さんの事績
については、例えば『新中国に貢献した日本人たち 』(日本僑報社2003年刊)のなかの一章
「中日友好に捧げた翻訳家―川越敏孝氏」に比較的詳しい紹介があり、また雑誌『人民中国』
の2001年2月号に「新中国とともに半世紀」という記事が掲載されている。
その他、川越さんが血尿が出て入院された今年6月には、『人民日報海外版』に「戦争捕虜
から新中国の翻訳家に」という記事
(2004年6月23日)が載ったばかりだった。
もちろん、これらの記事は、川越さんの遺した足跡・業績のごく一部を伝えるに過ぎない。
翻訳という、労多くしてなかなか報われない仕事に専心された後半生であったが、大学で教育
研究の仕事をしているわたしには、いつだったか、自分もそういう職場に配属されていればなぁ
と漏らしておられた。
回想録をお書きになっていると伺っていたが、翻訳ではなく、自ら筆を執られたその回想録が
なんとか日の目を見ることを願うものである。

日本と中国の現代史のなかで大きな足跡をのこされた川越さん。
心からご冥福をお祈りいたします。

0308163.JPG
2003年8月16日、川越さんご夫妻と(友誼賓館のお宅にて)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2004.09.01

NHKラジオ講座9月号の「中国語発音道場」はgood!

9月に入ってしまった。
NHKラジオ中国語講座も、来週月曜(9月6日)からの1か月でいよいよ遠藤先生の入門編も完
結。
で、9月号のテキストを眺め渡してみたところ、最終週(27日~30日)に特別編として「中国語発
音道場」というのが付いているのだが、これが実にgoodな内容なので感心した。
というか、「入門編」でここまで本格的=上級編的な発音のポイントに触れてしまおうというのは
たいしたものだなぁと、いかにも音韻学ご専門(つまり発音マニア!?)の遠藤さんらしくて、微笑ま
しくも恐れ入ると同時に、いや、入門期の発音の手ほどき、まさにかくあるべしと、心強くも感じら
れた。

遠藤さんご本人も、巻頭のあいさつ(p.6)のところで、「かなり難しい内容を含みますが、チャレ
ンジしてみてください」とお書きになっているが、実際、相当高度というか、「達人」級の発音ポイ
ントが触れられている。

例えば、27日の「3.[v]の発音」(テキストp.43)は、まぁそこまで教えなくてもいいんじゃないの?
という感じ。(^^;)

だが、逆に、こういうことはちゃんと頭で理解し、身体でも身につけないと、実はホンモノの中国語
らしい発音にならないんだよねぇという、大切なポイントも数多い。
その筆頭は、例えば27日の「2.2. 無気音は声門閉鎖音を伴う」だろう。
「声門閉鎖」がちゃんとできてるかどうかは、中国語の発音全体の巧拙を決定づける重要な要素
だと思う。
また、27日の「4.eの発音」、「5.oの発音」も、母音の発音のプロセスで、「出だし」から「末尾」
へと音が微妙に変化する、つまり口と唇の開け具合や舌の位置はずっと固定されているのでは
なく、しだいに「狭→やや広め」へと動かすのが、ホンモノらしい発音にするコツであることなど、
あらためて説明されると「目からウロコ」という人は意外に少なくないのではないかと思う。
(わたしは実は大学での中国語の授業中に、この点もちゃんと説明して、意識的=自覚的に練
習させるようにしています)

それから、27日の「11.iongの発音」とか「13.üanの発音」の説明なども、内心疑問に感じて
いた人は、こうした説明を聞いて、「なーんだ、やっぱりそうだったのか!」と腑に落ち、長い間の
疑問が氷解してメデタシメデタシとなるに違いない。

とまぁ、大事なポイントを取り上げており、実に有益なのだが、この「発音道場」の素晴らしいとこ
ろは、何と言ってもやはり後半の2回、29日放送の「2音節以上の組み合わせ」と、30日放送の
「文レベルの強さアクセント」であろう。

というのは、ふつう中国語の教科書や参考書では、ひとつひとつの母音(韻母)や子音(声母)、
あるいは声調の発音の仕方については説明してあっても、2音節以上の音が組み合わさったと
きの発音のポイント、特に「強さアクセント」にまで触れているものはほとんどないからだ。
にもかかわらず、実際には、中国語は「声調」をマスターすれば中国語らしい発音になるもので
はなく、また、強弱の問題についても、単にいわゆる「軽声」の問題だけにとどまらない、強さア
クセントに関わるポイントというものが厳然とあるのであって、できるだけネイティブに近い、本格
派の中国語発音を身につけたいと思う者は、そのあたり、ゆるがせにしてはならない点がいくつ
かある。

さらに、複数の音節(=単語)の組み合わせといったレベルだけでなく、そのもう一段階上のレベ
ルとして、文レベルの強さアクセント、あるいはリズム(具体的には例えばポーズの置き方など)
の問題にも注意を払って、メリハリのきいた発音を心がける必要があるわけだが、今回の「発音
道場」は、まさにかゆいところに手が届く内容になっている。

実は、遠藤さんはかつて『月刊中国語』(内山書店発行、現在は残念ながら休刊中)2002年10
月号から6回にわたって「発音6講」という連載を担当されたことがあり、また、同誌1998年8月
号掲載の「中国語のエッセンス」(第5回)で文アクセントについて詳しく解説しておられ、わたし
も大いに参考にさせていただいた。(っていうか、目からウロコ、落ちまくりでしたです、はい)
今回の「発音道場」はそのエッセンスをラジオ講座入門編向けに再構成したものと拝見したが、
繰り返しになるが、これは入門編のレベルを超えている部分がかなりあると同時に、逆に、入門
期・揺籃期にこそ、妙に手加減、手抜きしたりしない、ホンモノの中国語を身につけるための本
格的な手ほどきがあってよいとも思うわたしは、こんどの「発音道場」にはまさに拍手喝采だ。

うちの学生たちにも、今月末は(いままで聴いていなかった人も)ぜひラジオ講座を聴くように!
と勧めたいところだが、大学の2学期は10月1日からで、このときはまだ夏休み中。
学生と顔を合わせ檄を飛ばすチャンスは事実上ないに等しいのであった……。(泣)
うーん、悔しい~!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2004 | Main | November 2004 »